知っておくと役に立つ!ウェディングフォトの関連情報や知識を紹介します

当サイトでは知っておくと役に立つ、ウェディングフォトの関連情報や知識をご紹介しています。これから結婚の記念に写真を撮っておきたいのならば、知っておくと役立つ可能性があります。結婚写真の撮影をすると、夫婦の絆を深めることができることもあるのでおすすめです。仲良く撮影して素敵な時間を過ごしましょう。結婚写真では新郎新婦の仲良しポーズをするのも良いかも知れません。後から見返してもほほえましい仕上がりになることが期待できます。

知っておくと役に立つ!ウェディングフォトの関連情報や知識を紹介します

魅力的なウェディングフォトを撮りたいけれど、どのようにしたら良いか迷っている人もいるのではないでしょうか。
一生モノとなる結婚写真を撮るなら、まず知識を得ておき納得の写真撮影ができるようにするのがおすすめです。
ウェディングフォトは、一般的に結婚式よりも前に撮ることが多いです。
前撮りをすると挙式や披露宴の当日に使えるというメリットがあります。
ウェディングフォトは、ロケーションやポーズを自由に決めることが可能なので、好みの写真を撮りましょう。

ウェディングフォトはどんなカップルに向いている?

結婚式場での挙式はせずに、ウェディングフォトを撮ることで結婚式代わりとするカップルも増えてきています。

ウェディングフォトは誰でも撮ることはできますが、とりわけお勧めなのが次のような場合です。

まずは結婚式ばかりにお金を使いたくない、という倹約派。
結婚式に拘ろうとすればかかる費用は天井知らずですが、これからの二人の生活はとても大事。
結婚式ばかりにお金をかけてはいられません。
写真だけの場合は10万円から20万円程度でできますので、実際に結婚式を挙げたつもりになって、その分は貯金に回したい人もいるかもしれません。

それからお勧めなのが花嫁が妊娠中の場合です。
人を招待して挙式するとなると半日以上はかかります。
妊婦はただでさえ体調が悪いのにきついドレスで何時間も緊張しっぱなしではとても大変でしょう。
しかし新郎新婦二人だけでの写真撮影となれば、時間は短くすみますし、人前に立つストレスもありません。

また、再婚の場合にもウェディングフォトはお勧めです。
再婚時の結婚式に人を招待するとなるとご祝儀を頂くのか悩みますし、派手な挙式はしたくないと感じる人もいると思います。
また、再婚当初は結婚式をするつもりはなかったけれど、後からやっぱり式を挙げていれば、と後悔するかもしれません。
その場合にも、ウェディングフォトを撮ることで、結婚式を挙げた気分を味わえます。

ウェディングフォトを行うにあたっての流れやスケジュール

ウェディングフォトを申し込みたいとき、気になるのは撮影までのスケジュールと当日の流れです。
ウェディングフォトはそれほど敷居が高いものではありませんから、それほど肩肘を張らなくても簡単に申し込むことが出来ます。
撮影スタジオや会社を決め、その後は来店予約を行いましょう。
予約当日は衣装決めやプラン内容の選択、実際に撮影する日時などの打ち合わせを行います。
ウェディングフォト撮影当日の流れも、ここでほとんどわかるものです。



ウェディングフォトを撮影する当日は、時間に遅れることがないよう余裕を持ってスタジオに足を運びましょう。
着付けやメイクなどを依頼しているのであれば、より時間が必要です。
1日はかかると想定し、前後に用事をはさむようなことは避けることをおすすめします。
撮影後は実際の写真データを確認する作業があり、どれを現像してもらうか迷うものです。
このためにも時間が必要となります。
当日トラブルがあったときには、速やかにスタジオに連絡しどうするか相談するべきです。

ウェディングフォトをすることのメリット

結婚式の代わりにウェディングフォトを行うというカップルは年々増えてきており、費用が抑えられる上にウェディングドレスやタキシード、和装など結婚式の衣装を着用して好きなロケーションで撮影を行えるので、2人の記念になる思い出を写真として残しておくことができます。

ウェディングフォトをすることのメリットの一つに費用が大幅に抑えることにあります。
一般的な挙式や披露宴にかかる費用は200万円~300万円が相場といわれており、ご祝儀を使用することで約半分の費用をまかなうことができますが、それでもまとまった費用を準備する必要があります。
しかしウェディングフォトならば撮影をする場所がスタジオかロケーションかを選んだり、撮影カット数によって費用は違うものの、挙式や披露宴を行うよりも費用を抑えられるので結婚後の生活資金にまわすことができるメリットを持ちます。

そして挙式までに何度も打ち合わせを行う必要がないなど、準備や手間の負担を減らすことができるのも大きな魅力であり、手軽に結婚の記念を残すことが可能です。

より素敵なウェディングフォトを撮影するための工夫

人生で一度きりの結婚式は、盛大なイベントで盛り上げたいと思われる方が大勢います。
いまでは前夜祭という位置づけでフォトウェディングを実施するのも当たり前となり、大半の新郎新婦がなされる行事となりました。
永遠に思い出に残せるウェディングフォトを手にしたいという場合、ある工夫を実施することで簡単に実現をさせることが可能です。
それは夫婦で小物を持ち込むこということであり、各場面に見合ったウェディングフォト用のアイテムを準備するのが望ましいことになります。
ウェディングフォトの撮影地で人気がある京都なら、和装スタイルで本番をするのが基本。
番傘から下駄などを事前に自分たちで買い集めて、持ち込むことも良いといえます。
最近はアニメやゲームの影響でコスプレをする方も多くなりました。
刀などを買ってウェディングフォトをとれば、きっといい思い出になること間違いなしです。
工夫はそれぞれいろんなパターンがあるので、楽しめます。

ウェディングフォトで映える衣装選び

手軽に結婚の記念写真を残せるウェディングフォトは、新しい結婚スタイルの一つとして若いカップルを中心に人気を集めています。
挙式や披露宴を行わない分費用が抑えられることや、他の人を気にせずに2人にとって理想の写真を残せることから、好みのスタイルやロケーションを選択することができるのが大きな魅力の一つです。
せっかくウェディングフォトを撮影するからこそ、衣装選びには写真映えするものを選びたいと考える方は多く、ドレスなど洋装を選ぶ場合のポイントは「ライン」の種類によって見える印象が大きく異なることから、どんな写真にしたいのかや自分の体型に合わせて選びましょう。
例えばAラインはアルファベットのAのような形をしたドレスで、縦の流れを強調するので身長を高く見せてくれることから様々な体型をカバーしてスラッとエレガントに見せることができます。
広がりを見せるラインはウェディングフォトでも色々なポーズをした時に映えます。
他にもボリューム感のあるプリンセスラインは、可愛らしく華やかな印象が特徴で大聖堂などの豪奢な雰囲気のロケーションスポットで撮影をする際におすすめのデザインです。

ウェディングフォトは新郎もおしゃれに決めよう!

一生に一度の思い出に残るウェディングフォトはやはり、新婦だけでなく新郎もおしゃれに決めるのが正解ではないでしょうか。
結婚式の前に撮影するウェディングフォトは、愛し合う2人だけの特別な写真が残せるチャンスなので、格好良くおしゃれに決めないのは勿体ないです。
勿論、結婚式本番でもおしゃれに決めることになりますが、折角ウェディングフォトを撮影するなら新郎も万全の格好で臨むべきです。
大切なのは服装もそうですが、気持ちとそれがあらわれる表情も重要で、ベストショットを残す意気込みでウェディングフォトに挑戦するのが望ましいです。
何がベストか分からない場合は、いくつかベストになり得る候補の衣装を用意して、着替えながら撮影するのがおすすめです。
撮影している間に見えてくるものもありますし、本人が自分にとってしっくり来る1着というものが見つかる可能性が高まります。
環境だったり雰囲気にもよりますから、あれこれ頭で考えて悩むよりも、思い切って挑戦してみるのが良いのではないでしょうか。

ウェディングフォトのスタジオ選びの決め手

スタジオはたくさんあるので、満足のいくお店を探すことが大切です。
ウェディングフォトの場合、スタジオ選びの決め手となるのはまず料金面です。
基本料金は勿論のこと、レンタル衣装やデータ、撮影台紙に関する費用詳細もよく確認しておきましょう。
またドレスや小物類などを持ち込みしたい場合に、中には持ち込み料がかかるスタジオもあるので要チェックです。
キャンセル料金やオプションも見ておく必要があります。
野外ロケ希望の場合は、その料金も比較検討したいものです。
土日は割増料金が発生する所も見られます。
次に決め手となるのは、衣装のラインアップです。
希望するドレスや小物があるかどうかは重要になってきます。
ヘアメイクもどの程度してもらえるかスタッフに聞きましょう。
何かしらやりたいことがあるなら、それを実行できるかも調べなくてはなりません。
撮影したいシーンが実現するかどうかでウェディングフォトの満足度は変わってきます。
スタジオのアクセスも便利な所が安心です。

ウェディングフォトの見積もりは内訳を要チェック

ウェディングフォトの見積もりは、その内訳をしっかりとチェックするようにしましょう。
そうは言っても書類を見ても何のことか全く分からないということもあるかもしれませんが、そういう場合には依頼したお店の担当者に聞くことです。
良くわからないまま、きっとこちらの思ったとおりにやってくれるに違いないという思い込みで対応しては思わぬ失敗をすることもあります。
ウェディングフォトでは、様々なものがオプションとして考えられます。
衣装の他に小物とか、着付けはどうするのか、撮影は何枚くらい行って、撮った写真は実物やデータとして受け取ることができるのかといった点です。
衣装にしても、選択の幅がどれくらいあるのかなどは無視できない要素です。
これらは全てまとめての料金になっていることもありますが、全てを必要としない人もいますし、少しでも料金を安く見せるために最低限のプランで提示されていることもありますので、内容をチェックする必要があります。

ウェディングフォトの素敵なアルバムの作り方

いくつになっても、何年たっても結婚を思い出すと多くの方が笑顔になって思い出を語るものです。
人生に一度しか訪れることのない儀式で、家族を作るという神秘的な行事だからこそ、誰もが忘れることをしないといえます。
最近はより深く記憶に刻むために、ウェディングフォトを実施する方も多くなりました。
カップルだけの写真となるため、これから増えるファミリーがいない貴重なショットです。
素敵なウェディングフォトを作りたいという方ばかりでしょうが、そのコツをここでご紹介します。
アルバム作りで大切なことは、たくさんの枚数のプリントを用意することです。
いろんな構図と大きさのプリントがあれば、非常に良い躍動感を醸し出すこともできます。
ウェディングフォトの場合、カッコいい・可愛いだけのショットになりがちですが、それでは面白味がありません。
あえてNGになりそうな構図もアルバムに入れることで、自然体の姿を目にすることもできます。

著者:猪股健志

筆者プロフィール

韓国ソウル出身。結婚式場にウェディングプランナーとして勤務。自分の経験からウェディングフォトについて記事をまとめました。
韓国風ウェディングフォトを撮影する。